シャッス!えふこです


先週の日曜に鈴虫寺参拝してきましたので感想書いていきたいと思います♪



鈴虫寺といえば奈々さんがライブ前に参拝に訪れるということで有名な聖地となっています。
奈々ファンなら一度は聞いたことがあるのでないかと思います。



そんな鈴虫寺ですが、正式名称は

「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」

といいます。


なぜ鈴虫寺と呼ばれているかというと、境内の中で鈴虫が飼われており
一年中鈴虫の音色を聞くことができるからとのこと。

行き方はこんな感じ

京都駅から

市バス【28番 大覚寺ゆき】にて、【松尾大社】下車 徒歩15分

約60分

京都バス【73、83番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車 徒歩2~3分

約60分

タクシーで鈴虫寺まで約2,000円~2,300円

約25分

JRで嵐山駅までタクシー乗り継ぎ

約40分

三条京阪前から

京都バス【63番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車

約60分

四条烏丸から

市バス【29番 国道中山洛西バスターミナルゆき】にて、【苔寺道】下車

約50分

京都バス【73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車

約50分

映画村から

京都バス【63番】、又は 【63、73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車

約30分

嵐山から

京都バス【63、73番 鈴虫寺ゆき】にて、終点下車

約15分

阪急電車【嵐山線松尾大社駅】下車、徒歩15分

約15分

タクシーで

約10分


駅からバスに乗っていくのが一番分かりやすいかと思います。(バスがややこしいけど)

松尾大社駅から歩いていく方法もありますがおすすめできません
今回私は歩いて行ったのですが、住宅街の入り組んだところを歩かされるので迷子になりやすいです


到着すると長ーい階段がお出迎え。

IMG_1023

IMG_1024

住職さんの説法を聞くのに入り口から並ばないといけない時も!
(休日の昼だと30分~1時間くらい待つかな)


IMG_1026

入り口にはわらじを履いた珍しいお地蔵様がいらっしゃいます。

順番が来て、境内に入ると鈴虫の音色が・・・
なんと5000匹もいるのだとか!
(境内は写真撮影厳禁なのでよかったら実際に見に行ってみて下さい)
一年中鈴虫の音色を聞かせる為にエアコン4台稼働で温度が管理されています。

お茶とお茶菓子が用意されています。
このお茶菓子美味しくて好きなんですよねw
(帰りに買うこともできます)


住職さんが前に立つといよいよ説法が始まります。
説法ときくと堅苦しい、難しいといったイメージを持つ人もいるかもしれませんが
ここの説法はわかりやすく面白いです

前の方の席に座ると色々質問を投げかけられたりしますw

今回は自分の心を楽にする方法として3つの要素

「素」「歩」「磨」

を自分の心に持ちましょうというお話。
(並び変えるとスマホになるというオチ付きw)

後はお守りとお札の違いにも説明が。
(簡単に言うとお守りは身に着けるもの、お札は家に飾り手を合わせるもの)


説法は大体30分ほどですが、話が面白すぎてあっという間です!
帰りにお守りなどを授与することができます。
お守りは一つ300円です。

IMG_1025

お守りを持ってお祈りをすると一つだけ願い事をお地蔵様が叶えて下さります。

お祈りのやり方は

1.入り口のお地蔵様の前でお守りの幸の文字が見えるように両手で挟みます。

2.心の中で住所と名前を伝えます。

3.願い事を一つだけ伝えます。

願い事の伝え方ですが、例えば恋人が欲しい場合は

「私に相応しい相手に巡り会えますように」

というように具体的に伝えるのが大切なのだそう。

願い事が叶った、もしくは拝観してから1年たったらお守りを返却しに行きましょう。
そして新たにお守りを授かるとまた願い事を一つ伝えることができるようになります。

IMG_1028

拝観は9時から17時まで(最終受付16時30分まで)
拝観料は500円となっています。


奈々さん関係なくおすすめのお寺なので
お願い事を叶えたい人、説法を聞きたい人はぜひ一度訪れてみて下さい♪